質屋の基本システム

質屋は品物を担保としてお金を借りられるシステムの店舗です。

質と買取りは同じ店舗で行うことも多く混同されがちですが、実はまったく違います。

本記事では使い方や2つの違いなど、チェックしていきましょう。

質入れと買取りの大きな違いは、預けた品物が返ってくるかどうかです。

質入れは利息が発生しますが、元金と利息を支払えば預けた品物は返ってきます。

対して買取りは、名前の通り品物を買い取られてしまうため品物の返却はなく、当然利息も発生しません。

2つの違いは大まかに利息の発生と品物の返却の有無と覚えておきましょう。

品物の査定は、いくつかのチェック項目があります。

例えば品物の状態や元値、型や人気などによって価格が変動されます。

質入れは買取りより約10%査定額が低くなるといわれているため、損得を考えると買取りがおすすめです。

【質入れと買取りの使い分け法】

質入れと買取りのどちらを利用するか迷ったら、品物の大切さを考えましょう。

買取りは高値でやりとりされるメリットがありますが、品物は返ってはきません。

もし品物を手元に残しておきたい場合は、質入れを選んで利用するのが無難です。

質入れと買取りは両方質屋で行えるため、事前にどちらを利用しておくか決めておくとよいでしょう。

質入れと買取りは査定金額やシステムが大きく違うため、間違えないよう注意が必要です。

品物が必要かどうか、お金はどれくらい必要かを考慮してどちらを利用するか選択しましょう。

質屋というと品物とお金を交換するイメージがあるかもしれません。

しかしシステムや用語を理解して賢く利用しなければ思わぬ落とし穴に遭遇することになります。

今回は今すぐお金が欲しいときに便利な、質屋の使い方をご紹介します。

質屋は品物を預けてお金をもらうシステムが基本です。

ただし、お金はもらったのではなく借りている状態です。

借りているため当然利息が発生し、期限までに元金と合わせて支払はなくてはなりません。

万が一お金を返せなかった場合は、預けていた品物が売られてしまう「質流れ」が発生します。

消費者金融と違って、ちょっとお金が足りないときに気軽に利用できるのがメリットです。

質にはどんな品物でも預けられるわけではありません。

品物を預けることを「質入れ」と呼びますが、質入れはブランド物の貴金属が高額で取引されるといわれています。

順位でいうと、時計やアクセサリー類が上位で、次いでバッグや財布などの小物類がランクインします。

質入れには身元を確認する身分証明書が必要となるため、忘れないように持参しましょう。

質入れは必ず利息が発生しますが、利率は店舗によって異なるので事前に確認しておきましょう。

利息は月ごとに発生する場合がほとんどで、約1~1.5%前後の利率がかかります。

例えば月利1.5%で10万円借りた場合は1,500円の利息が発生する計算になります。

利息は毎月加算されるため、しっかり返却できるよう計画的に利用しましょう。

質屋はすぐにまとまったお金が欲しいときに、手軽にお金を借りることができる店舗です。

システムを理解し、利息の計算をしながら上手に活用しましょう。